薄毛にはなりたくないと思っている人は大多数

薄毛の情報がいっぱい特ダネ

薄毛が進行すれば、いつしかはハゲに…薄毛にはなりたくないと思っている人は大多数、気づいたら、放っておくのはよくありません。

新着おすすめ記事

薄毛にはなりたくないと思っている人は大多数

薄毛って言う言葉に敏感になってしまっている人いませんか?髪の毛ってその人のイメージを左右するとても大事なものです。

髪というのは抜けるものだし、年齢を重ねるごとに薄くなってしまうと言うこともよくある話です。

人が薄毛であっても、もうそういう年齢だしっなんて理解できるのに、実際に自分の髪が薄毛になってきているとなったら、なんでだろう?どうにかしなくちゃ!なんて焦ってしまう人も多いのではないでしょうか?結論から言えば、薄毛にはなりたくないと思っている人が大多数ということでしょう。

薄毛が進行すれば、いつしかはハゲになってしまいます。

薄毛に気づいたら、放っては置けませんよね。

薄毛にはどうしてなるのかといえば、その原因はさまざまなのですが、私たちの髪の毛というのは基本的にヘアサイクルというのがあって、そのヘアサイクルにそって髪が生え変わっていきます。

ヘアサイクルというのは、まずは髪が生える→成長する→更に太くしっかりした髪に成長する→髪が退行していく→休止期→抜け落ちるという流れになります。

成長期というのは合わせて大体二年から六年程度、退行期は大体二?三週間、休止期は三?四ヶ月と言われています。

そのことから考えれば、髪はとても長い期間、生え続けているということになります。

しかし、薄毛になっていくというのは、このヘアサイクルが乱れてしまっているからであり、特に成長期が短くなり、髪が成長しないままに抜け落ちてしまうという状況にあります。